メニュー
閉じる

笑顔にする施工、会社の成長、自分の夢。大事なものがあるから、早く頼られる人になりたいんです。

藤井 泰魁 /
施工チーム

三輪塗装に入社したきっかけは?
前職は製造業で、同じことを繰り返す日々でした。そんな生活から抜け出したかったのと、小学生の頃から体を動かす仕事がやりたいという思いがあって転職を考え始めました。そんな時に就職前に高校の先生に言われた「俺の友達の会社で三輪塗装っていう会社がある」という言葉を思い出して。会社を辞めるって決めてから、改めてHPを見たり高校の先生にもう一度相談してみたりして三輪塗装に入社を決めました。
外壁塗装の面白さは、どんなところにあると思っていますか?
お客様の笑顔は外せないですね。優しい人もいれば怖い人もいるけど、どんな人でも満足させずに終わるのは一番いけないなことだと思っているので、そうならないように自分を鍛えてます。
自分の技術・スキルを上げるのが楽しいっていうのもあるけど、結局は「そうすればお客様の笑顔が見れるから」っていうところに行き着くんですよ。だから「お客様の笑顔」が1番で、そこから派生して「仕上がりが綺麗だと嬉しい」とか「力がついて前より楽しい」とか「会社に貢献できて誇らしい」とか、そういう2つ目3つ目の面白さが出てきてるんだろうなと思います。
今後の目標は?
色んなお客様と関わりたいので、住宅の施工管理をやるのが今の目標です。施工管理の中には職人経験がない人もいるんですけど、職人やってた人にしか分からないこともあるので、自分がなればより満足してもらえるんじゃないかなって。だからまだ5年~10年は絶対に職人を続けて、職人としてのMAX値まで到達したら、30代、40代で施工管理になって後輩の営業や職人の子たちを支えられたらと思っています。
仕事を頑張れているモチベーションは何ですか?
「施工管理がやりたい」っていう目標があるから、そのためには知識をつけなきゃいけないし、三輪塗装をもっと大きくするってなったら社長や幹部だけが頑張ってたらダメなんです。職人さんの中にも定年になっちゃう人がいるから、若いもんがやっていかないと。
やりたくない、面倒くさいって思うこともあるけど、それでやらないなんて誰でもできるじゃないですか。幹部の人みたいにずば抜けるためには、人と一緒じゃなくてどこか平均を上げないといけないから。まだみなさんに頼ってるばっかりなんで、いずれは三輪塗装の幹部になって自分も頼られたいです。
三輪社長はどんな人ですか?
恩人ですね。あの頃社長が拾ってくれたから今の自分があるので、その恩は売り上げを上げて返したいと思ってます。
自分は塗装が好きだったわけじゃなくて社長やみなさんに惹かれてこの業界に入ったから、三輪塗装が好きなんですよ。だからこそ、三輪塗装が5年後も今と同じレベルだったら辞めようと思ってます(笑) 100%そうはならないし、そうはさせないですけどね。
未来の仲間へひと言!
とにかく伝えたいのは「若い人でもウェルカムだよ」ってことです。今いる後輩やこれからの仲間のために新人用の資料も作ってるし、みなさんがため込まずに話せる環境作りは絶対に自分がやります。
三輪塗装がもっと大きくなるためには新しい仲間が必要なので、興味がある方はぜひ話を聞きに来てほしいです。

応募はこちらから

まずはお気軽にご応募ください