メニュー
閉じる

ハタチから始めた塗装の仕事。ここで80歳まで続けるんだろうなと思います。

吉田 尚広 /
施工チーム

三輪塗装に入社したきっかけは?
三輪塗装に入る前も実はペンキ屋で働いていました。以前の会社にはハタチの頃から6年ほどいたのですが、同棲を始めて引っ越したのを機に自宅近くで働けるところを探してて。周りやネットの評判、そして初めて会った時の社長の人柄に惹かれて入社を決めました。
外壁塗装の面白さは、どんなところにあると思っていますか?
仕上がり後は綺麗になったのが目に見えて分かるので、一番やりがいを感じますね。
反対にパッと見ただけでは誰も気付かないような、数ミリの線にこだわって綺麗に塗れたときなんかも「俺やるな」ってひそかに楽しんでます。こんな風に自分の世界に入って楽しんでる職人さんって結構多いんじゃないですかね。
(ちなみに僕はハケで塗るよりもローラーで塗る方が解放感があって好きです。)
プライベートと仕事の両立はどうしていますか?
休日はバーベキューをしたりゴルフに行ったり、何かしらしてます。仕事では寡黙な人と思われてるかもしれませんが、プライベートではおしゃべりなんですよ。こういう切り替えがいい仕事に繋がってると思ってます。

あとはまだ先の話ですが、子供は10人くらいほしいなと思ってて。野球チームを作ってコーチや監督をするのが密かな夢なんです。ペンキ屋の前は高卒で工場勤務をしていたのですが、自由な時間と好きなものを買えるお金が欲しくてペンキ屋になりました。でも今は時間と物欲以外にも家族というモチベーションができたので、今まで以上に仕事も頑張れています。
仕事のポリシーは何ですか?
三輪塗装は気さくで優しい方ばかりなんですが、仲良くなりすぎないように、というのは意識しているかもしれません。あまりにも仲が良いと仕事モードのスイッチが入りにくくなったり、改善点を指摘しづらくなるじゃないですか。いい仕事がしたい、という想いはみんな同じだと思うので、距離が近すぎるせいでストレスを感じるのは嫌だなと思ってて。もちろんみなさんのことは好きですけどね(笑)
三輪社長はどんな人ですか?
すごくいい社長です。真面目で気さくな人には人が寄ってくるんだなと三輪社長を見てると実感します。三輪社長は職人も経験されているので、困ったことがあったら相談できるのもありがたいですね。社長だけでなく幹部の方たちもあれこれ教えてくれたりと、職人になって7年目ですが、まだまだ成長できる環境に来れたことが嬉しいです。
今後の目標は?
今は職人と営業の仕事が分かれていて僕は職人の仕事しかできませんが、職人だけでなく営業や施工管理の仕事もオールマイティにできるようになれたらと思っています。職人は職人の仕事だけやればOK、という考え方の人もいるかもしれませんが、仕事ができない雨の日に営業の仕事もできたらもっと幅が広がるじゃないですか。

また以前は一人親方になろうかなと考えていたこともあったんですが、三輪塗装に来てからは、80歳くらいになるまでずっとここで頑張れたらいいなと思うようになりました。こんな話、社長やみんなにはしてないんですけどね(笑)

応募はこちらから

まずはお気軽にご応募ください